中小企業の世界を変える経営革命

税理士を変更する 税理士の満足度調査 「不満がある」 「やや不満がある」 が 50%以上 そもそも、間違った方を選択していませんか?

経営指導

税理士には「税金専門の税理士」と「経営専門の中小企業診断士・税理士」がいる。

[変更前]これまで苦労して会社を盛り立ててきたが、今の社会変化に付いて行く自信がなくなった。税理士報酬は相場価格だとは思うが、経営指導を得意とする人に変更したいと思うようになった。

[変更後]税金専門の税理士と経営専門の中小企業診断士・税理士の二人体制に変更。税理士報酬はこれまでよりやや低額に。社長は、経営学習に都心のオフィスに毎月訪ねて行くようになった。 会計帳簿も会計事務所が作成してくれるようになり、事務職員数も精神的負担も減った。

銀行交渉

銀行融資返済の現場では、「経営専門の中小企業診断士』が活躍している。

[変更前]銀行で隣に座っているだけの税理士から、もう少し頼りになる人に変更したい。 銀行交渉に強い税理士がいるとは聞いたことがあるが、税理士は皆同じだという声もある。

[変更後]財務が改善するまでの不安な期間、経営専門の税理士に銀行対策の指導を受けることにした。二人体制でも報酬は以前とほぼ同じ。銀行が以前より身近に感じ、苦手意識が少なくなった。

財産保護

相続問題は「会社の税金」専門の税理士ではなく、「財産の税金」専門の税理士に。

[変更前] 噂によるとこれからは相続税が相当高くなるらしい。
税金が払えないと住居も取り上げられると聞いた。
主人が相続の対策をしてくれないので将来が不安。

[変更後] まじめな税理士さんが、手間暇をかけて財産の評価額を出し、相続税の予想額をはじき 
出してくれた。
妻の老後の不安も解消し、同時に、不動産の「固定資産税」の見直し着手してくれている。
固定資産税も今後、毎年「数百万円」減額される可能性があるという。驚きという他ない。